blog

チャレキッズお仕事体験記 :「 職人さん 」〜 鶴田畳店 〜

畳職人さんのお仕事に触れてみよう!

今日のお仕事体験は「職人さん」。日本伝統の「畳」が作られる現場を訪ねました。
IMG_5454

体験を提供してくださったのは、東区にある「鶴田畳店」。
代表の 笠 大祐(りゅう だいすけ)さん

IMG_5455

体験に参加したのは中島翔(かける)くん、中島輝(ひかる)くん、山田煌己(こうき)くん、原田康太郎(こうたろう)くんです。
今日はよろしくお願いします!

IMG_5460

 

まずは畳に使われる「い草」の説明。この草を組み合わせて畳は作られるんだよ〜、意外と長いね。

IMG_5480

畳はこうして中に入っている土台に縫い付けられて固定されています。

IMG_5472

専用の裁断機を使って綺麗に張り替えていくよ。

 

IMG_5474

続いて張り替えた畳に「縁(へり)」をつけていくよ。

 

IMG_5498

ロボットみたいな縁縫い機。ボタンを押すと動き出すよ。

IMG_5506

 

大きなミシン。ボビンの意図などを調整しながら次の工程へ。IMG_5511

縫い終わったら、縁の角を折り曲げる作業。綺麗に角にそって慣らしていくよ。これが難しい!

IMG_5516

職人さんの手さばきを見ながら真似していくよ。

IMG_5519

IMG_5503

みんなも作業に挑戦!

ひとりずつやっていくことで、だんだん「なんのための作業か」がわかってきました!

IMG_5547 IMG_5548 IMG_5550

みんな縁づけを体験し、休憩〜!

この日は暑くて畳工房の中も蒸し暑かった!でも、お茶をいただいたりして、みんな頑張りました!
休憩の合間にいろんな畳を見せてもらいました。

IMG_5535

色んな柄があっても面白い! そして、張り替えたばかりの畳は匂いが良いね〜♪
樹脂で出来た畳なんかもあるんだって!面白い柄だね!

IMG_5536

さ!続いては自分でミニ畳に縁をつけて、「コースター」を作ってみよう!

まずはお気に入りの「縁の柄」を決めてね!

IMG_5560

続いて、縁を半分に折って、、、畳の角にきれいにつけていくよ。

 

IMG_5564 IMG_5559

丁寧に丁寧に。。。

 

IMG_5557

ゆっくりゆっくり

 

IMG_5564

 

よし!完成!!帰って何を載せようかな〜!

IMG_5572

 

ということで、2時間以上に渡り体験した「畳職人」のお仕事。

職人さんの美しく素早い手さばきと、出来上がった畳の美しさ、香りに子ども魅了されました!
「また来たい!」そんな声も挙がってましたよ。

最後はそれぞれ縁を縫い付けた畳の前で記念撮影。

IMG_5574

 

IMG_5579

畳に「上下」があることや、寸法が上と下で異なることなど、色々学びました。

最後はみんな一緒に、「ありがとうございました!」

IMG_5584 IMG_5585

体験の様子をダイジェストでお届け!スライドショーで御覧ください!

IMG 5455 IMG 5458 IMG 5460 IMG 5463 IMG 5464 IMG 5466 IMG 5468 IMG 5470 IMG 5471 IMG 5472 IMG 5474 IMG 5477 IMG 5479 IMG 5480 IMG 5483 IMG 5489 IMG 5490 IMG 5492 IMG 5498 IMG 5502 IMG 5503 IMG 5506 IMG 5511 IMG 5516 IMG 5519 IMG 5521 IMG 5526 IMG 5532 IMG 5533 IMG 5535 IMG 5536 IMG 5540 IMG 5544 IMG 5547 IMG 5548 IMG 5550 IMG 5554 IMG 5557 IMG 5559 IMG 5560 IMG 5561 IMG 5564 IMG 5572 IMG 5574 IMG 5579 IMG 5580 IMG 5582 IMG 5584 IMG 5585

体験を提供してくださった鶴田畳店。
HPはコチラ!
鶴田畳店HP

2016-09-03 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

 

チャレキッズお仕事体験記 :「お菓子屋さん 」〜 菓子工房ぷぷる〜

ダントツ1位の人気のお仕事!「お菓子屋さん」に挑戦!!

体験を提供してくださったのは「菓子工房ぷぷる」さん

なりたい職業アンケートで堂々の全体1位、男子で2位、女子で1位を獲得した人気の職業「パティシエ お菓子屋さん」。
その人気のお仕事に挑戦するノアは、城市みくちゃんと、久保田 彩香ちゃん。
ご案内いただくのは、菓子工房ぷるるの 木村 菜月 さんです♪

張り切ってお仕事に取り組みましょう〜♪

IMG_5286

IMG_5289

IMG_5291

まずは制服に着替えて、お菓子が作られている工房にお邪魔しました。

最初はもちろん!「手洗い」です。

IMG_5298

IMG_5300

IMG_5301

よーし!綺麗にできた!これから一緒に頑張るぞ!

IMG_5308

先輩たちの様子は。。。?
IMG_5309

IMG_5310

みんなの前でごあいさつ〜♪ 皆さん、拍手で迎えてくださいました!

IMG_5314

IMG_5316

早速、お菓子作りスタート! 今日はクッキー作りに挑戦です!
まずは生地を測って同じ大きさにします。

IMG_5319

 

 

IMG_5322

 

その生地を型に入れて伸ばしていきますよ♪先輩の動作を観てみよう!

 

IMG_5324

よーし、私達もやってみるぞ!

IMG_5326

伸ばしたらコントはフォークで小さなアナを空けていきます。

IMG_5327

さて、伸ばし終えたらトッピングに入っていきます!
まずはこちら、ナッツ。3つずつ置いていきますよ!

IMG_5330

 

その前にチョコチップが入ったパウダーを載せていきます。
これがなかなか難しい〜。

IMG_5333

量を測って、スプーンで載せていきます!

IMG_5339

 

わっと!はみ出しちゃった!

IMG_5341

 

そして今度は先程のナッツを入れていきます!3個ずつだよ〜♪

IMG_5349

 

載せられたかな?数えてみよう!

IMG_5355

 

ちょっと多いものもあるみたい!数は揃えていきましょう〜♪

IMG_5359

トッピングが終わったら完成です!
あとはこれをオーブンで焼き上げます。
そして!焼き上がって出てきたのが、コチラ!

IMG_5360

わ〜!!美味しそう!

IMG_5362

 

 

今度はこのクッキーを袋詰!お客様にお渡しする「商品」にまでしてみよう!

 

IMG_5364
袋の表と裏を確認しながら、、、丁寧に入れていきます!

IMG_5370 IMG_5377

 

ヤッター!その調子!

IMG_5378

こうして作られたお菓子は袋詰され商品となっていきます。

IMG_5380   IMG_5385

 

楽しい体験はあっという間!

IMG_5389

場所を提供してくださったププルの皆さんに御礼を言います!

IMG_5393

ありがとうござしました!

IMG_5396 IMG_5398

仕事の後のお茶は美味い!
緊張したし、疲れたね〜♪

 

IMG_5405

 

最後は作ったクッキーをおみやげに頂きました!
貴重な体験を提供してくださった菓子工房ププルさん、ご案内いただいた木村さん、ありがとうございました!

IMG_5425

 

 

体験の様子をスライドショーでどうぞ!

 

IMG 5286 IMG 5289 IMG 5291 IMG 5295 IMG 5296 IMG 5298 IMG 5300 IMG 5301 IMG 5308 IMG 5309 IMG 5310 IMG 5314 IMG 5316 IMG 5319 IMG 5320 IMG 5321 IMG 5322 IMG 5324 IMG 5326 IMG 5327 IMG 5330 IMG 5331 IMG 5333 IMG 5334 IMG 5338 IMG 5339 IMG 5341 IMG 5349 IMG 5350 IMG 5355 IMG 5356 IMG 5359 IMG 5360 IMG 5362 IMG 5364 IMG 5370 IMG 5377 IMG 5378 IMG 5380 IMG 5381 IMG 5384 IMG 5385 IMG 5389 IMG 5391 IMG 5393 IMG 5396 IMG 5398 IMG 5405 IMG 5411 IMG 5412 IMG 5425 IMG 5426 IMG 5428

ご協力いただいた菓子工房ぷぷるさんのHP

菓子工房ぷぷるHP

2016-09-02 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

 

ラジオリポート!〜夢を拓くロードマップを作ろう!〜

夢を拓くロードマップを作ろう!リポート on RIO DE あいまSHOW
IMG_47121-1024x768

2016-09-01 | Posted in blog, スタッフブログNo Comments » 

 

チャレキッズお仕事体験記 :「 警察官 」〜 福岡県東警察署 〜

「警察官」になりたい!は全体の5位! 小学男子では4位にランクイン!

P1420548 P1420555 P1420556 P1420558 P1420568 P1420572 P1420578 P1420579 P1420585 P1420588 P1420589 P1420590 P1420592 P1420593 P1420602 P1420604 P1420606 P1420608 P1420609 P1420610 P1420611 P1420612 P1420615 P1420616 P1420621 P1420622 P1420626 P1420628 P1420630 P1420634 P1420638 P1420642 P1420645 P1420647 P1420653 P1420668 P1420672 P1420675 P1420681 P1420699 P1420700 P1420702 P1420703 P1420705 P1420706 P1420710 P1420711 P1420712 P1420713 P1420714 P1420715 P1420716 P1420720 P1420721 P1420722 P1420723 P1420724 P1420726 P1420727 P1420728 P1420729 P1420730 P1420731 P1420733 P1420736 P1420737 P1420738 P1420739 P1420742 P1420745 P1420750 P1420753 P1420759 P1420768 P1420769 P1420770 P1420772 P1420773 P1420774 P1420775 P1420776 P1420777 P1420778 P1420779 P1420780 P1420781 P1420783 P1420784 P1420785 P1420786 P1420790 P1420794 P1420796 P1420797 P1420805 P1420810 P1420820 P1420821 P1420822 P1420823 P1420824 P1420825 P1420827 P1420828 P1420838 P1420839 P1420840 P1420843 P1420846 P1420847 P1420848 P1420851 P1420854 P1420855 P1420868 P1420870

小学生、中学生を合わせた「なりたい職業」で5位にランクインした「警察官」。
体験するのは坂口一太くん(小5)、髙田湊志くん(小3)、佃櫂友くん(原小3年)、松崎七美ちゃん(小2)

P1420668

P1420653

P1420675

P1420681
です。

受け入れてくださったのは、福岡市東区にある「福岡県東警察署」。
学外活動の障がい児童のお仕事体験、見学会を引き受けてくださったのは初めてなんだそうです!
ありがとうございます!

ご案内いただく 福岡県東警察署のおまわりさん

P1420548

東署の車両の駐車スペースをお借りして行いました。
会場には福岡県警のマスコット「ふっけい君」も登場!みんなテンション上がります!

僕がふっけい君です♪

P1420609

では、お仕事体験スタート!まずは正しい敬礼の仕方から!

P1420555

 

 

P1420568

上手くできたかな〜?

続いての、「警察官の仕事ってなーんだ?!」の問いかけに、みんな元気に手を挙げます!

はいはいはーい!

P1420590

P1420585

「悪い人を捕まえます!!」 「正解!」

そして次に、出動するときに警察官が乗車する、「パトカー」「白バイ」に乗せていただきました!

P1420626

P1420647

 

 

P1420638

P1420615

 

P1420628

P1420653

P1420672

P1420668

やっぱり本物はかっこいいですね〜。

そして次は「逮捕術!」
実際に泥棒を発見したことを想定しての警察官の体捌きを披露していただきました。

あ!あそこに怪しい人がいるよ!

まずは知らせます。

そして、逃げ場を失った泥棒は警察官に襲いかかります。

P1420699

 

P1420703

とりゃ〜!!

P1420705

続きはスライドショーでどうぞ!

P1420699 P1420700 P1420702 P1420703 P1420705 P1420706 P1420710 P1420711 P1420712 P1420713 P1420714 P1420715 P1420716 P1420720 P1420721 P1420722 P1420723 P1420724 P1420726 P1420727 P1420728 P1420729 P1420730 P1420731 P1420733 P1420736 P1420737 P1420738 P1420739 P1420742 P1420745 P1420750 P1420753 P1420759 P1420768 P1420769 P1420770 P1420772 P1420773 P1420774 P1420775 P1420776 P1420777 P1420778 P1420779 P1420780 P1420781 P1420783 P1420784 P1420785 P1420786

頼もしいですね〜!
こうした日々の訓練があるからこそ、いざという時に役に立つんですね。

実際に逮捕するときに使う「手錠」や「警棒」にも触らせてもらいました。

P1420790

P1420794

 

P1420797

最後はみんなは知っているかな?「いかのおすし」。
この標語の意味をおさらいしました!

『いかのおすし』とは

いか:知らない人についていかない
の :乗らない
お :大声で叫ぶ
す :すぐに逃げる
し :知らせる

です。

みんな大きな声で正解できましたよ〜♪

P1420827

最後は安全講座修了を記念して、東福岡交通安全協会より筆記具などのプレゼントまでいただきました。

P1420839

P1420840

P1420843

P1420846

最後はもちろん、敬礼〜!

P1420851

 

P1420855

P1420868

ということで、子供達の笑顔、元気が来た時よりも何倍にもなっているのが印象的な体験でした!

夏の日差しの中、チャレキッズにお仕事体験を提供してくださった
福岡県東警察署の皆さん、本当にありがとうございました!

2016-08-26 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

 

障がい者雇用実践企業から学ぼう!! 障がい者雇用企業見学ツアー(企業見学&質疑応答)

【日時】平成28年9月14日(水)・21日(水)
13:30~16:30(13:00より受付)

①【9 月14 日(水) 見学】
会社名:株式会社障がい者つくし更生会
(春日大野城リサイクルプラザ)
住所: 福岡県春日市春日公園6-2
従業員:35 名(内 障がい者30 名)

〜企業紹介〜
障がい者の雇用の場の創造・開拓及び自立更生を図ること
を目的に昭和59 年に設立。春日大野城リサイクルプラザの
不燃性一般廃棄物処理施設全般の運転・管理業務を行う。
平成25 年11 月出版「日本でいちばん大切にしたい会社4」
で紹介されている。
27 年3 月「第5回日本でいちばん大切にしたい会社大賞
審査委員会特別賞」受賞。
27 年3 月「平成26 年度厚生労働省委託事業 精神障害者等
雇用優良企業」認定。
27 年9 月「平成27 年度障害者雇用優良事業所等厚生労働
大臣表彰」受賞。

②【9 月 21 日 (水) 見学】
会社名:ASKUL LOGIST 株式会社
(福岡物流センター)
住所 : 福岡市東区みなと香椎 2-2-1
従業員 216 名 (内 障がい者 24 名)

〜企業紹介〜

オフィス用品販売アスクルのグループ企業でアスクルの商品の
物流と配送を担っている。 障がいのある方を 「オンリーワン
バリュースタッフ」 という位置づけで積極的に雇用し、 永く
働き続けてもらうために、 障がい者就労支援機関との連携を
密に行なっている。 業務においては、 障がい者従業員の
1 時間あたりの業務実績を計測しデータ化を行ない、 人件費
以上の仕事ができ、 生産性が高いことを証明している。
また、 障がい者従業員とのコミュニケーションツールである
業務日誌や面談などは特別支援学校や支援機関が行なって
いる手法を参考にして、 オリジナルの手法を構築している。

【スケジュール】
13:00受付 13:30挨拶 概要説明 14:00見学 15:00休憩 15:10質疑応答 16:20 挨拶 16:30終了

【対象】障がい者雇用に関心のある企業・不安を感じている企業の皆様
(2社とも見学ができる企業様を募集いたします。)

【定員】15企業(1企業2名まで) ※応募多数の場合は抽選により決定します。

【参加費】無料

【集合場所】現地に直接お越しください(駐車場有)

【申込方法】裏面の申込方法をご参照ください。

【申込締切り】平成28年9月2日(金)

主催 チャレキッズプロジェクト実行委員会(平成28年度福岡市共働事業提案制度)
平成28 年度 福岡市共働事業提案制度チャレキッズ事業

【 お申込みフォーム 】
FAXでお申し込みされる場合は、下記の必要事項をご記入の上、お送りください。
FAX:092-843-1089
以下の必要事項を明記のうえ、9月2日(金)までに、下記、事務局までに
電話・FAX、またはEメールでお申し込みください。

<必要事項>
1.お名前(ふりがな)
2.役職名
3.会社名・部署名
4.住所・電話・FAX
5.Eメールアドレス
6.本見学ツアーをお知りになったきっかけ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

役職名(必須)

所属先名、部署名

電話番号

fax番号

住所

メールアドレス (必須)

本見学ツアーを知ったきっかけ

スライド1

企業見学ツアー案内チラシ裏
企業見学ツアー案内チラシ(原本)

【お申し込み方法・お問い合わせ】
チャレキッズプロジェクト実行委員会 事務局(担当:中嶋)
〒811-1344 福岡市南区三宅2-9-28
TEL 090-3415-3315 FAX 092-843-1089

E-mail: challekids01@gmail.com
ホームページ http://challekids.com

お申し込み・お問い合わせ先
https://www.facebook.com/challekids

 

チャレキッズお仕事体験記 〜 お花屋さん アンズガーデン 〜

お花屋さんになりたい!は全体の16位、女の子では9位にランクイン!

女の子のなりたい職業で上位にランクインする「お花屋さん」。
今日は 中1の玉川 英(たまがわ はな)ちゃんと、小学5年製の深田 美湖(ふかだ みこ)ちゃんが挑戦しました!

IMG 4604 IMG 4601 IMG 4592 IMG 4588 IMG 4585 IMG 4581 IMG 4579 IMG 4575 IMG 4570 IMG 4560 IMG 4553 IMG 4550 IMG 4549 IMG 4540 IMG 4539 IMG 4536 IMG 4533 IMG 4532 IMG 4525 IMG 4511 IMG 4510 IMG 4505 IMG 4504 IMG 4500 IMG 4499 IMG 4497 IMG 4494 IMG 4493 IMG 4492 IMG 4490 IMG 4489 IMG 4487 IMG 4485 IMG 4484 IMG 4481 IMG 4480 IMG 4479 IMG 4477 IMG 4473 IMG 4471 IMG 4470 IMG 4467 IMG 4465 IMG 4464 IMG 4463 IMG 4461 IMG 4456 IMG 4455 IMG 4451 IMG 4450 IMG 4449 IMG 4448 IMG 4447 IMG 4445 IMG 4443 IMG 4442 IMG 4435 IMG 4432 IMG 4200 IMG 4197 IMG 4195

受け入れてくださったのは、福岡市南区にある花屋さん、「アンズガーデン」さん。
オーナーの三苫 正太郎(みとま しょうたろう)さんは「お花」に向き合う時の心構えから教えて下さいました!

IMG_4435

早速、お花の水やりから教えていただきました。

上からではなく、根に近い部分に注いであげる。。。

出来たかな?

IMG_4445

IMG_4448

IMG_4447

続いては、プレート製作。
お花にお値段などをつけていきます。
うまくかけるかな?

IMG_4470

IMG_4464

最後は大仕事!「フラワーアレンジメント」に挑戦です!

好きなお花を選んで。。。

IMG_4497

IMG_4504

お花同士のバランスを考えながらカットしていきます。これが難しい。

IMG_4536

IMG_4549

 

そして!出来ました!

IMG_4579

好きな花を選んで作りました!
切る作業など大変な部分もありましたが、見事クリア!
各々のセンスでフラワーアレンジいたしましよ。
最後は使ったお花の名前をプレートに書いて、出来上がり!!
(りんどう、ひまわり、ゆり、トルコキキョウ ゲーリックなど)

 

IMG_4581

 

最後は三苫さんと記念撮影〜♪

IMG_4592

IMG_4601

最後は三苫さんから皆さんへのメッセージがありました。
「お花屋さんはみんなにもきっとなれる!」
そう力強くおっしゃってくださいました。

そのために必要なのは、「面倒でも、生き物とふれあい、育てること」ということです。
造花は楽かもしれないけれど、何事も順番があるように、まずは生き物を知って、それから造花でないと、本当の命の大切さや美しさを見逃してしまうことになると。
子供がまだ出来ないから、壊すから、倒すからと、デリーケートな「命」に触れる機会を親が奪っては行けないと。
失敗してもその中から多くを学び、育てる歓び、美しい物への感覚を培っていくのだと。
だから、めんどくさがらず、どんどん生き物をそばにおいてください!

ということでした。

とにかく、「夢を持たないと始まらない!そのために出来ることはお手伝いしますよ!」そんな三苫さんのメッセージに、勇気を頂いたお仕事体験でした。

アンズガーデンさん、ありがとうございました!

2016-08-21 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

 

7月24日(日)開催 「夢を拓くロードマップを創ろう!」 

今年最初のワークショップ「夢を拓くロードマップを創ろう!」

PATHを使ったワークショップ

平成28年7月24日(日)福岡市中央区長浜にある「あいあいセンター」でチャレキッズのワークショップ「夢を拓くロードマップを創ろう」を開催しました!

3人の障がい児童生徒(小学生1名、中学生2名)に参加してもらい、彼らの夢をみんなで描くワークショップです。
保護者、担任、放課後デイサービスの担当者などの普段から関わりをもたれている方と、今回初めて当事者に会う方々(学生、企業人、経営者、教員、その他)で紡ぎ出す、「希望に満ちたもう一つの未来計画づくり」です。

普段接していると、「できないこと」にフォーカスしがちな思考を「できること」「やっていきたいこと」というポジティブな要素にだけ着目し、掘り下げ、広げていきます。普段とは違う視点を用いることで、「常識」から一旦外れたブレインストーミングを行います。

参加者も対象となる児童と保護者、担任という当人と普段からが接している人間に加え、社会人、企業人、学生、個人事業主、福祉施設職員、教員、と「初めて彼らと接する人」も一緒に考えていくのが特徴です。

PATH Planning Alternative Tomorrows with Hope

【 ワークショップの手法 】
ワークショップには、参考とする手法があります。
それが「PATH Planning Alternative Tomorrows with Hope」(希望に満ちたもう一つの未来の計画)という
手法です。

PATH では、障がいのある人本人と、関係のある多くの人が一堂に会して、障がいのある人の夢や希望に基づ
きゴールを設定し、そのゴール達成のための作戦を立てていきます。
子どもの指導に関わる人が集まって情報を集め,新たな発想で目標や手だてを考える方法であり、情報の共有だけでなくアクションプラン(行動計画)を考えるということや、関係者がそれぞれの力を発揮するることを目指すといった特徴を持っています。

P1380776

P1380837

P1380906

※行った手順は以下の通り。
【 はじめに(グループの仲間を知ろう! )】

【 第1ステップ 幸せの一番星 】
(当人や保護者の、夢や希望について話し合う)

【 第2ステップ ゴールを設定する 】
(幸せの一番星を掴む為に、20歳の時にどうなっていたいかを想像する)

【 休憩 】


【 中間発表 】

【 第3ステップ いまに根ざすこと(現在の状況) 】
(ゴールに対して今はどんな状況なのかを把握する。できていること、できてないことなど)

【 第4ステップ 必要な力 】
(ゴールを目指す上でどんな「力」が必要か)

【 第5ステップ 夢をかなえるために誰を必要とするのか 】
(必要な力をつけるために必要な人や物)

【 第6ステップ 近い将来の行動をイメージし、語り、図や絵にする 】
(およそ1年後、対象児童・生徒がどのようにあるべきなのか、姿をイメージする)

【 第7ステップ はじめの一歩を踏み出す 】
(支援者が夢を叶える為に今日から出来る事を書き出し、一ヶ月後の目標を設定する)

【 発表会 】

最後にこのワークショップに参加した感想を短く一人一人から発言してもらいました。
ワークショップ参加者の感想に加え、保護者の感想などもいただけて、課題や気づきを得ることができました。

描かれたロードマップ

各チームが描いたロードマップです。
それぞれ特徴があり、二度と同じものは出来ません。
そこに集まったみんなの化学反応がもたらす奇跡のロードマップです。

チームA
P1380883

チームB
P1380892

チームC
P1380870

ワークショップの様子をスライドでお届けします

P1380934 P1380933 P1380925 P1380919 P1380914 P1380912 P1380908 P1380907 P1380906 P1380899 P1380898 P1380894 P1380892 P1380891 P1380888 P1380887 P1380886 P1380883 P1380882 P1380878 P1380874 P1380872 P1380870 P1380863 P1380862 P1380857 P1380856 P1380854 P1380847 P1380844 P1380842 P1380837 P1380832 P1380830 P1380828 P1380826 P1380825 P1380818 P1380817 P1380808 P1380807 P1380802 P1380800 P1380799 P1380798 P1380787 P1380786 P1380785 P1380782 P1380780 P1380778 P1380776 P1380774 P1380772 P1380769 P1380768 P1380761 P1380759 P1380756 P1380754 IMG 4200 IMG 4197 IMG 4195

3時間半に渡るワークショップ。今後もブラッシュアップしながら参加する人、当事者、企画者にとって学び多い場にしていきたいと思います。
当日の様子をスライドショーでお届けします!

また、3チームのココのリポートもまた後日お届けしたいと思います!
ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

 

全国初!
『障がいのある子どもたちの大人になってやりたい仕事・なりたい職業』
アンケート調査結果 及び ランキング発表!

障がいのある子供たちの「やりたい仕事、なりたい職業アンケート

全国初?!の取り組みかもしれません。
福岡市内の小学部、中学部の特別支援学級、特別支援学校にご協力いただき、子供たちの夢アンケートを取らせていただきました!
その結果を公開!

総回答数543!

嬉しいことに、543もの回答をいただきました。
子供たちが描く未来の姿がリアルに伝わってくる内容です。
ぜひご覧ください!

アンケート結果発表-01

アンケートを基に「お仕事体験」をコーディネート!

さらに、このアンケートを基に、この夏、アンケートに答えてくれた子供達の中から実際にお仕事体験ができる機会を設けます。
各企業にご協力いただき、子供達の可能性、未来を拓く取り組み進化させます。
さらに、企業の皆さんにも、障がい者雇用を考えるきっかけ、経験として、新たな気づきが生まれるプログラムできるよう、取り組んできたいと思っています。
取り組みが行われましたら、このホームページでもご紹介していきますよ♪

そんな子供達の未来を描くワークショップも開催!

お仕事体験に臨んでもらう子供達の中から、さらに数名に「PATH」という手法をとりいいれた、「夢を拓くロードマップづくり」のワークショップにも参加してもらいます。
このワークショップは子供だけじゃなく、彼らを取り巻く環境に携わる人々(保護者、教員、福祉関係者)とそれ以外の社会人、学生にも加わっていただき、彼らの未来を自由に発想していく、というワークショップです。
得てして可能性を否定しがちな現状を打破すべく、この時間は大いに夢と可能性を語りあり、夢を叶えるための知見を集約し、光り輝く未来へのロードマップを描きます。そして明日から何を始めようか!?そういった宣言で終わるという夢のあるワークショップです。
こちらのワークショップは一般の参加者も募集しておりますので、ご興味ある方は是非ご参加ください!
(詳しい情報、応募フォームなどは下記のバナーをクリックしていただくとページが移行します)

イベント告知-01 (3)

 

【 参加募集!】7/24(日)開催『チャレキッズ ワークショップ~「夢を拓くロードマップを創ろう!」』開催・参加者募集のお知らせ

ワークショップでいろんな気づきを得ます!

チャレキッズプロジェクト実行委員会は、2016年 7月 24日(日)13:00-17:00で、あいあいセンター(福岡市中央区長浜1丁目2-8)にて「平成28年度 福岡市共働事業提案制度 チャレキッズ事業『チャレキッズ ワークショップ~「夢を拓くロードマップを創ろう!」』を開催します。
イベント告知-01 (3)

5者の違った視点で描く「未来のロードマップ」

今回の「未来を描く」ワークショップは、5者の違った視点で、描いてまいります。
<参加者>①本人 ②保護者 ③企業人 ④教員 ⑤福祉支援者

保護者・教員・福祉関係者に加え、新たな視点として企業人、自営業者、主婦、学生など様々なみなさんに参加いただければと思います。
いろんな専門分野を持つ方々とともに考えることで、後ろ向きになりがちな障がいのある子供たちの未来や可能性を広げていくるきっかけになればと思います。
そこで、今回のワークショップにご参加いただける、企業人、教員、福祉関係者の皆様を募集いたします。
上記職業に該当しない方でも、障がい児童のキャリア教育に関心のある方ならどなたでもご応募いただけます。
子ども達の未来を築く取り組みを一緒に支えてくださる方々のご応募もお待ちしています。

前回のワークショップの様子をWEBで公開

2016年2月に行いました「障がいのある子ども達の未来を考えるワークショップ」の報告記事(http://challekids.com/?p=2673)もございますので、ぜひご参照ください。

障がいのある子ども達の夢を拓くロードマップ作り、ぜひご参加ください。
たくさんの方々の応募を、心からお待ちしております。

 

18IMG_20160221_17331414116

■ 開催概要

【日時】 平成28年7月24日(日)13:00~17:00 (12:30より受付)
【会場】 あいあいセンター(福岡市中央区長浜1丁目2-8)
【募集人員】 ワークショップ参加者:25~30名
オブザーバー(観覧者):10名程度
【参加費】 無料
【ワークショップ参加対象者】
企業人、自営業者、教員、福祉支援者、教育福祉関係者、 保護者、
障がい児童のキャリア教育に関心のある方、福祉の道を志す方、学生など
【ワークショップの内容や役割について 】
具体的なワークショップの内容や役割については、当日ご説明いたします。
当日の雰囲気について

【参加申込み】 ※申込み締切り:7月17日(日)まで
参加ご希望の方は、下記内容をご記入の上、Email・FAX・お電話にてお申し込みください。
1.お名前(ふりがな) 2.所属、部署、役職
3.ご住所 4.電話番号、FAX
5.Emailアドレス
6.ワークショップ参加希望動機

お名前 (必須)

ご所属 (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

自宅/勤務先

電話(必須)

FAX

メールアドレス (必須)

性別

ワークショップへの参加動機

【参加申込み・お問合せ先】
チャレキッズプロジェクト実行委員会 事務局(担当:中嶋)
TEL:090-3415-3315 FAX:092-843-1089
E-mail:challekids01@gmail.com
URL:http://challekids.com

 

【これからのふつうをつくる】

はじめまして!
今年からChallekid’sの活動に関わることになりました、市原円と申します。
私はまだ学生ですが、足と頭を動かして活動に貢献できたらと考えております!

さて突然ですが今日は「普通」ということについて考えてみたいと思います。
みなさんはこの言葉をきいて、どんなことをイメージされますか。

私は随分不器用な上に、主張の強い子どもだったので、
「普通にしなさい」といわれるのが本当に大嫌いでした。
もちろん世の中の「普通」を完全に無視することが出来る訳もなく、
息苦しい気持ちになったり、不安になったり…

そんな私にとって、すごく印象的な言葉がありました。
タイトルの『これからのふつうをつくる』です。

これは先日NPO法人ドネルモ代表、そして株式会社ふくしごと取締役の山内泰さんが大学にいらしたときにおっしゃっていた言葉です。
なおNPO法人ドネルモは地域のコミュニティデザイン、株式会社ふくしごとは「障がいのある人たちと社会との心地よい循環をつくる」をテーマにそれぞれ『これからのふつうをつくる』ユニークな活動をされています。
山内さんの視点は非常に面白く、私は目からウロコが落ちるような体験をしました。

人間も社会もずっと変わらないなんてことはないですよね。
だから「ふつう」も変わりつづける。
でも「ふつう」とは、自然に変わっていくものではなく、私たちがつくっていくものなのだと気づかされました。
反骨精神なんて立派なものでなくても、「ちょっとこれおかしいよね?」「もっとこうだったら素敵なのに…」「でもどうして今はこうなっているんだろう?」
そんなちょっとした思いや想像力、疑問を一人一人が小さなアクションにつなげていく。そんな小さな小さな営みから『これからのふつう』はつくられる。
そんなメッセージを山内さんのお話から受け取り、とても勇気づけられました。

私のような学生がChallekid’sの活動に関わることに対して、まだキャリアもこれからで、子どももいない学生に障がいのある人や親御さんの気持ちなんてわからないだろ、とおっしゃる方もいるかもしれません。その通りだと思います。
でも一方で、これからの社会において障がいのある人もない人も共に楽しく暮らしていくには、私のように福祉のプロでもなく、当事者やその家族でもない人が関心を持ち、関わっていくのが一番大切な事だと思うのです。

私がこのような活動に関心を持ったきっかけは、先輩に誘われたから…という本当に大したことのない理由です。しかし、そこでいろいろな施設の方に出会う中で、自分が勝手に思い込んでいた障がいのある方へのイメージは、ことごとく崩されていきました。そもそも、「障がい者」というレッテルを貼るにはあまりにも個性的でした。一人一人の方と出会うことが、私にとってとても豊かなことでした。
そんな一人一人が持つ豊かさがもっと仕事につながる、これからの「ふつう」をつくりたい。
Challekid’sの取り組みは、そのような思いからはじまっています。
もちろんたくさんハードルはあると思います。でも、より良い未来を想像し、小さなところから行動していく。そのようなところから始まっていく。私はそんな風に信じています。

みんな同じ枠にはまるのではなく、凸凹(でこぼこ)している人たちみんなが、出来る範囲で助け合って楽しく生きている社会。
凸凹こそがクール!と思われる社会。
みなさんは、どんな「ふつう」をつくっていきたいですか。

私もChallekid’sのメンバーとして、ワクワクする「ふつう」をたくさんつくっていけたら嬉しいなと思っています!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2016-06-16 | Posted in blogNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8