blog

障がい者雇用実践企業から学ぼう!! 障がい者雇用企業見学ツアー(企業見学&質疑応答)

【日時】平成28年9月14日(水)・21日(水)
13:30~16:30(13:00より受付)

①【9 月14 日(水) 見学】
会社名:株式会社障がい者つくし更生会
(春日大野城リサイクルプラザ)
住所: 福岡県春日市春日公園6-2
従業員:35 名(内 障がい者30 名)

〜企業紹介〜
障がい者の雇用の場の創造・開拓及び自立更生を図ること
を目的に昭和59 年に設立。春日大野城リサイクルプラザの
不燃性一般廃棄物処理施設全般の運転・管理業務を行う。
平成25 年11 月出版「日本でいちばん大切にしたい会社4」
で紹介されている。
27 年3 月「第5回日本でいちばん大切にしたい会社大賞
審査委員会特別賞」受賞。
27 年3 月「平成26 年度厚生労働省委託事業 精神障害者等
雇用優良企業」認定。
27 年9 月「平成27 年度障害者雇用優良事業所等厚生労働
大臣表彰」受賞。

②【9 月 21 日 (水) 見学】
会社名:ASKUL LOGIST 株式会社
(福岡物流センター)
住所 : 福岡市東区みなと香椎 2-2-1
従業員 216 名 (内 障がい者 24 名)

〜企業紹介〜

オフィス用品販売アスクルのグループ企業でアスクルの商品の
物流と配送を担っている。 障がいのある方を 「オンリーワン
バリュースタッフ」 という位置づけで積極的に雇用し、 永く
働き続けてもらうために、 障がい者就労支援機関との連携を
密に行なっている。 業務においては、 障がい者従業員の
1 時間あたりの業務実績を計測しデータ化を行ない、 人件費
以上の仕事ができ、 生産性が高いことを証明している。
また、 障がい者従業員とのコミュニケーションツールである
業務日誌や面談などは特別支援学校や支援機関が行なって
いる手法を参考にして、 オリジナルの手法を構築している。

【スケジュール】
13:00受付 13:30挨拶 概要説明 14:00見学 15:00休憩 15:10質疑応答 16:20 挨拶 16:30終了

【対象】障がい者雇用に関心のある企業・不安を感じている企業の皆様
(2社とも見学ができる企業様を募集いたします。)

【定員】15企業(1企業2名まで) ※応募多数の場合は抽選により決定します。

【参加費】無料

【集合場所】現地に直接お越しください(駐車場有)

【申込方法】裏面の申込方法をご参照ください。

【申込締切り】平成28年9月2日(金)

主催 チャレキッズプロジェクト実行委員会(平成28年度福岡市共働事業提案制度)
平成28 年度 福岡市共働事業提案制度チャレキッズ事業

【 お申込みフォーム 】
FAXでお申し込みされる場合は、下記の必要事項をご記入の上、お送りください。
FAX:092-843-1089
以下の必要事項を明記のうえ、9月2日(金)までに、下記、事務局までに
電話・FAX、またはEメールでお申し込みください。

<必要事項>
1.お名前(ふりがな)
2.役職名
3.会社名・部署名
4.住所・電話・FAX
5.Eメールアドレス
6.本見学ツアーをお知りになったきっかけ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

役職名(必須)

所属先名、部署名

電話番号

fax番号

住所

メールアドレス (必須)

本見学ツアーを知ったきっかけ

スライド1

企業見学ツアー案内チラシ裏
企業見学ツアー案内チラシ(原本)

【お申し込み方法・お問い合わせ】
チャレキッズプロジェクト実行委員会 事務局(担当:中嶋)
〒811-1344 福岡市南区三宅2-9-28
TEL 090-3415-3315 FAX 092-843-1089

E-mail: challekids01@gmail.com
ホームページ http://challekids.com

お申し込み・お問い合わせ先
https://www.facebook.com/challekids

 

チャレキッズお仕事体験記 〜 お花屋さん アンズガーデン 〜

お花屋さんになりたい!は全体の16位、女の子では9位にランクイン!

女の子のなりたい職業で上位にランクインする「お花屋さん」。
今日は 中1の玉川 英(たまがわ はな)ちゃんと、小学5年製の深田 美湖(ふかだ みこ)ちゃんが挑戦しました!

IMG 4604 IMG 4601 IMG 4592 IMG 4588 IMG 4585 IMG 4581 IMG 4579 IMG 4575 IMG 4570 IMG 4560 IMG 4553 IMG 4550 IMG 4549 IMG 4540 IMG 4539 IMG 4536 IMG 4533 IMG 4532 IMG 4525 IMG 4511 IMG 4510 IMG 4505 IMG 4504 IMG 4500 IMG 4499 IMG 4497 IMG 4494 IMG 4493 IMG 4492 IMG 4490 IMG 4489 IMG 4487 IMG 4485 IMG 4484 IMG 4481 IMG 4480 IMG 4479 IMG 4477 IMG 4473 IMG 4471 IMG 4470 IMG 4467 IMG 4465 IMG 4464 IMG 4463 IMG 4461 IMG 4456 IMG 4455 IMG 4451 IMG 4450 IMG 4449 IMG 4448 IMG 4447 IMG 4445 IMG 4443 IMG 4442 IMG 4435 IMG 4432 IMG 4200 IMG 4197 IMG 4195

受け入れてくださったのは、福岡市南区にある花屋さん、「アンズガーデン」さん。
オーナーの三苫 正太郎(みとま しょうたろう)さんは「お花」に向き合う時の心構えから教えて下さいました!

IMG_4435

早速、お花の水やりから教えていただきました。

上からではなく、根に近い部分に注いであげる。。。

出来たかな?

IMG_4445

IMG_4448

IMG_4447

続いては、プレート製作。
お花にお値段などをつけていきます。
うまくかけるかな?

IMG_4470

IMG_4464

最後は大仕事!「フラワーアレンジメント」に挑戦です!

好きなお花を選んで。。。

IMG_4497

IMG_4504

お花同士のバランスを考えながらカットしていきます。これが難しい。

IMG_4536

IMG_4549

 

そして!出来ました!

IMG_4579

好きな花を選んで作りました!
切る作業など大変な部分もありましたが、見事クリア!
各々のセンスでフラワーアレンジいたしましよ。
最後は使ったお花の名前をプレートに書いて、出来上がり!!
(りんどう、ひまわり、ゆり、トルコキキョウ ゲーリックなど)

 

IMG_4581

 

最後は三苫さんと記念撮影〜♪

IMG_4592

IMG_4601

最後は三苫さんから皆さんへのメッセージがありました。
「お花屋さんはみんなにもきっとなれる!」
そう力強くおっしゃってくださいました。

そのために必要なのは、「面倒でも、生き物とふれあい、育てること」ということです。
造花は楽かもしれないけれど、何事も順番があるように、まずは生き物を知って、それから造花でないと、本当の命の大切さや美しさを見逃してしまうことになると。
子供がまだ出来ないから、壊すから、倒すからと、デリーケートな「命」に触れる機会を親が奪っては行けないと。
失敗してもその中から多くを学び、育てる歓び、美しい物への感覚を培っていくのだと。
だから、めんどくさがらず、どんどん生き物をそばにおいてください!

ということでした。

とにかく、「夢を持たないと始まらない!そのために出来ることはお手伝いしますよ!」そんな三苫さんのメッセージに、勇気を頂いたお仕事体験でした。

アンズガーデンさん、ありがとうございました!

2016-08-21 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

 

7月24日(日)開催 「夢を拓くロードマップを創ろう!」 

今年最初のワークショップ「夢を拓くロードマップを創ろう!」

PATHを使ったワークショップ

平成28年7月24日(日)福岡市中央区長浜にある「あいあいセンター」でチャレキッズのワークショップ「夢を拓くロードマップを創ろう」を開催しました!

3人の障がい児童生徒(小学生1名、中学生2名)に参加してもらい、彼らの夢をみんなで描くワークショップです。
保護者、担任、放課後デイサービスの担当者などの普段から関わりをもたれている方と、今回初めて当事者に会う方々(学生、企業人、経営者、教員、その他)で紡ぎ出す、「希望に満ちたもう一つの未来計画づくり」です。

普段接していると、「できないこと」にフォーカスしがちな思考を「できること」「やっていきたいこと」というポジティブな要素にだけ着目し、掘り下げ、広げていきます。普段とは違う視点を用いることで、「常識」から一旦外れたブレインストーミングを行います。

参加者も対象となる児童と保護者、担任という当人と普段からが接している人間に加え、社会人、企業人、学生、個人事業主、福祉施設職員、教員、と「初めて彼らと接する人」も一緒に考えていくのが特徴です。

PATH Planning Alternative Tomorrows with Hope

【 ワークショップの手法 】
ワークショップには、参考とする手法があります。
それが「PATH Planning Alternative Tomorrows with Hope」(希望に満ちたもう一つの未来の計画)という
手法です。

PATH では、障がいのある人本人と、関係のある多くの人が一堂に会して、障がいのある人の夢や希望に基づ
きゴールを設定し、そのゴール達成のための作戦を立てていきます。
子どもの指導に関わる人が集まって情報を集め,新たな発想で目標や手だてを考える方法であり、情報の共有だけでなくアクションプラン(行動計画)を考えるということや、関係者がそれぞれの力を発揮するることを目指すといった特徴を持っています。

P1380776

P1380837

P1380906

※行った手順は以下の通り。
【 はじめに(グループの仲間を知ろう! )】

【 第1ステップ 幸せの一番星 】
(当人や保護者の、夢や希望について話し合う)

【 第2ステップ ゴールを設定する 】
(幸せの一番星を掴む為に、20歳の時にどうなっていたいかを想像する)

【 休憩 】


【 中間発表 】

【 第3ステップ いまに根ざすこと(現在の状況) 】
(ゴールに対して今はどんな状況なのかを把握する。できていること、できてないことなど)

【 第4ステップ 必要な力 】
(ゴールを目指す上でどんな「力」が必要か)

【 第5ステップ 夢をかなえるために誰を必要とするのか 】
(必要な力をつけるために必要な人や物)

【 第6ステップ 近い将来の行動をイメージし、語り、図や絵にする 】
(およそ1年後、対象児童・生徒がどのようにあるべきなのか、姿をイメージする)

【 第7ステップ はじめの一歩を踏み出す 】
(支援者が夢を叶える為に今日から出来る事を書き出し、一ヶ月後の目標を設定する)

【 発表会 】

最後にこのワークショップに参加した感想を短く一人一人から発言してもらいました。
ワークショップ参加者の感想に加え、保護者の感想などもいただけて、課題や気づきを得ることができました。

描かれたロードマップ

各チームが描いたロードマップです。
それぞれ特徴があり、二度と同じものは出来ません。
そこに集まったみんなの化学反応がもたらす奇跡のロードマップです。

チームA
P1380883

チームB
P1380892

チームC
P1380870

ワークショップの様子をスライドでお届けします

P1380934 P1380933 P1380925 P1380919 P1380914 P1380912 P1380908 P1380907 P1380906 P1380899 P1380898 P1380894 P1380892 P1380891 P1380888 P1380887 P1380886 P1380883 P1380882 P1380878 P1380874 P1380872 P1380870 P1380863 P1380862 P1380857 P1380856 P1380854 P1380847 P1380844 P1380842 P1380837 P1380832 P1380830 P1380828 P1380826 P1380825 P1380818 P1380817 P1380808 P1380807 P1380802 P1380800 P1380799 P1380798 P1380787 P1380786 P1380785 P1380782 P1380780 P1380778 P1380776 P1380774 P1380772 P1380769 P1380768 P1380761 P1380759 P1380756 P1380754 IMG 4200 IMG 4197 IMG 4195

3時間半に渡るワークショップ。今後もブラッシュアップしながら参加する人、当事者、企画者にとって学び多い場にしていきたいと思います。
当日の様子をスライドショーでお届けします!

また、3チームのココのリポートもまた後日お届けしたいと思います!
ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

 

全国初!
『障がいのある子どもたちの大人になってやりたい仕事・なりたい職業』
アンケート調査結果 及び ランキング発表!

障がいのある子供たちの「やりたい仕事、なりたい職業アンケート

全国初?!の取り組みかもしれません。
福岡市内の小学部、中学部の特別支援学級、特別支援学校にご協力いただき、子供たちの夢アンケートを取らせていただきました!
その結果を公開!

総回答数543!

嬉しいことに、543もの回答をいただきました。
子供たちが描く未来の姿がリアルに伝わってくる内容です。
ぜひご覧ください!

アンケート結果発表-01

アンケートを基に「お仕事体験」をコーディネート!

さらに、このアンケートを基に、この夏、アンケートに答えてくれた子供達の中から実際にお仕事体験ができる機会を設けます。
各企業にご協力いただき、子供達の可能性、未来を拓く取り組み進化させます。
さらに、企業の皆さんにも、障がい者雇用を考えるきっかけ、経験として、新たな気づきが生まれるプログラムできるよう、取り組んできたいと思っています。
取り組みが行われましたら、このホームページでもご紹介していきますよ♪

そんな子供達の未来を描くワークショップも開催!

お仕事体験に臨んでもらう子供達の中から、さらに数名に「PATH」という手法をとりいいれた、「夢を拓くロードマップづくり」のワークショップにも参加してもらいます。
このワークショップは子供だけじゃなく、彼らを取り巻く環境に携わる人々(保護者、教員、福祉関係者)とそれ以外の社会人、学生にも加わっていただき、彼らの未来を自由に発想していく、というワークショップです。
得てして可能性を否定しがちな現状を打破すべく、この時間は大いに夢と可能性を語りあり、夢を叶えるための知見を集約し、光り輝く未来へのロードマップを描きます。そして明日から何を始めようか!?そういった宣言で終わるという夢のあるワークショップです。
こちらのワークショップは一般の参加者も募集しておりますので、ご興味ある方は是非ご参加ください!
(詳しい情報、応募フォームなどは下記のバナーをクリックしていただくとページが移行します)

イベント告知-01 (3)

 

【 参加募集!】7/24(日)開催『チャレキッズ ワークショップ~「夢を拓くロードマップを創ろう!」』開催・参加者募集のお知らせ

ワークショップでいろんな気づきを得ます!

チャレキッズプロジェクト実行委員会は、2016年 7月 24日(日)13:00-17:00で、あいあいセンター(福岡市中央区長浜1丁目2-8)にて「平成28年度 福岡市共働事業提案制度 チャレキッズ事業『チャレキッズ ワークショップ~「夢を拓くロードマップを創ろう!」』を開催します。
イベント告知-01 (3)

5者の違った視点で描く「未来のロードマップ」

今回の「未来を描く」ワークショップは、5者の違った視点で、描いてまいります。
<参加者>①本人 ②保護者 ③企業人 ④教員 ⑤福祉支援者

保護者・教員・福祉関係者に加え、新たな視点として企業人、自営業者、主婦、学生など様々なみなさんに参加いただければと思います。
いろんな専門分野を持つ方々とともに考えることで、後ろ向きになりがちな障がいのある子供たちの未来や可能性を広げていくるきっかけになればと思います。
そこで、今回のワークショップにご参加いただける、企業人、教員、福祉関係者の皆様を募集いたします。
上記職業に該当しない方でも、障がい児童のキャリア教育に関心のある方ならどなたでもご応募いただけます。
子ども達の未来を築く取り組みを一緒に支えてくださる方々のご応募もお待ちしています。

前回のワークショップの様子をWEBで公開

2016年2月に行いました「障がいのある子ども達の未来を考えるワークショップ」の報告記事(http://challekids.com/?p=2673)もございますので、ぜひご参照ください。

障がいのある子ども達の夢を拓くロードマップ作り、ぜひご参加ください。
たくさんの方々の応募を、心からお待ちしております。

 

18IMG_20160221_17331414116

■ 開催概要

【日時】 平成28年7月24日(日)13:00~17:00 (12:30より受付)
【会場】 あいあいセンター(福岡市中央区長浜1丁目2-8)
【募集人員】 ワークショップ参加者:25~30名
オブザーバー(観覧者):10名程度
【参加費】 無料
【ワークショップ参加対象者】
企業人、自営業者、教員、福祉支援者、教育福祉関係者、 保護者、
障がい児童のキャリア教育に関心のある方、福祉の道を志す方、学生など
【ワークショップの内容や役割について 】
具体的なワークショップの内容や役割については、当日ご説明いたします。
当日の雰囲気について

【参加申込み】 ※申込み締切り:7月17日(日)まで
参加ご希望の方は、下記内容をご記入の上、Email・FAX・お電話にてお申し込みください。
1.お名前(ふりがな) 2.所属、部署、役職
3.ご住所 4.電話番号、FAX
5.Emailアドレス
6.ワークショップ参加希望動機

お名前 (必須)

ご所属 (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

自宅/勤務先

電話(必須)

FAX

メールアドレス (必須)

性別

ワークショップへの参加動機

【参加申込み・お問合せ先】
チャレキッズプロジェクト実行委員会 事務局(担当:中嶋)
TEL:090-3415-3315 FAX:092-843-1089
E-mail:challekids01@gmail.com
URL:http://challekids.com

 

【これからのふつうをつくる】

はじめまして!
今年からChallekid’sの活動に関わることになりました、市原円と申します。
私はまだ学生ですが、足と頭を動かして活動に貢献できたらと考えております!

さて突然ですが今日は「普通」ということについて考えてみたいと思います。
みなさんはこの言葉をきいて、どんなことをイメージされますか。

私は随分不器用な上に、主張の強い子どもだったので、
「普通にしなさい」といわれるのが本当に大嫌いでした。
もちろん世の中の「普通」を完全に無視することが出来る訳もなく、
息苦しい気持ちになったり、不安になったり…

そんな私にとって、すごく印象的な言葉がありました。
タイトルの『これからのふつうをつくる』です。

これは先日NPO法人ドネルモ代表、そして株式会社ふくしごと取締役の山内泰さんが大学にいらしたときにおっしゃっていた言葉です。
なおNPO法人ドネルモは地域のコミュニティデザイン、株式会社ふくしごとは「障がいのある人たちと社会との心地よい循環をつくる」をテーマにそれぞれ『これからのふつうをつくる』ユニークな活動をされています。
山内さんの視点は非常に面白く、私は目からウロコが落ちるような体験をしました。

人間も社会もずっと変わらないなんてことはないですよね。
だから「ふつう」も変わりつづける。
でも「ふつう」とは、自然に変わっていくものではなく、私たちがつくっていくものなのだと気づかされました。
反骨精神なんて立派なものでなくても、「ちょっとこれおかしいよね?」「もっとこうだったら素敵なのに…」「でもどうして今はこうなっているんだろう?」
そんなちょっとした思いや想像力、疑問を一人一人が小さなアクションにつなげていく。そんな小さな小さな営みから『これからのふつう』はつくられる。
そんなメッセージを山内さんのお話から受け取り、とても勇気づけられました。

私のような学生がChallekid’sの活動に関わることに対して、まだキャリアもこれからで、子どももいない学生に障がいのある人や親御さんの気持ちなんてわからないだろ、とおっしゃる方もいるかもしれません。その通りだと思います。
でも一方で、これからの社会において障がいのある人もない人も共に楽しく暮らしていくには、私のように福祉のプロでもなく、当事者やその家族でもない人が関心を持ち、関わっていくのが一番大切な事だと思うのです。

私がこのような活動に関心を持ったきっかけは、先輩に誘われたから…という本当に大したことのない理由です。しかし、そこでいろいろな施設の方に出会う中で、自分が勝手に思い込んでいた障がいのある方へのイメージは、ことごとく崩されていきました。そもそも、「障がい者」というレッテルを貼るにはあまりにも個性的でした。一人一人の方と出会うことが、私にとってとても豊かなことでした。
そんな一人一人が持つ豊かさがもっと仕事につながる、これからの「ふつう」をつくりたい。
Challekid’sの取り組みは、そのような思いからはじまっています。
もちろんたくさんハードルはあると思います。でも、より良い未来を想像し、小さなところから行動していく。そのようなところから始まっていく。私はそんな風に信じています。

みんな同じ枠にはまるのではなく、凸凹(でこぼこ)している人たちみんなが、出来る範囲で助け合って楽しく生きている社会。
凸凹こそがクール!と思われる社会。
みなさんは、どんな「ふつう」をつくっていきたいですか。

私もChallekid’sのメンバーとして、ワクワクする「ふつう」をたくさんつくっていけたら嬉しいなと思っています!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2016-06-16 | Posted in blogNo Comments » 

 

【 ラジオで今年度の取り組みのお話してきました! 】 

突破アスリート永野明のRIO DE あいまSHOW!

久しぶりにラジオ番組「突破アスリート永野 明のRIO DE あいまSHOW!」での活動報告。

前回は2月の「PATH」ワークショップのお話まで。
今回は昨年度の活動をまとめたフリーペーパーのお話からスタート。

そして!

集計が戻ってきている「子供たちの夢アンケート」のお話も!

小学部、中学部の特別支援学級、特別支援学校に配布し、386名の回答がありました。
詳しい内容はまた後日発表しますが、アンケートを受けて、今年度はどのようなお仕事体験をコーディネートしようか、今からワクワクいたしますよ。

そんなお話、どうぞ〜♪

 

IMG_3373-1024x1024IMG_2996

IMG_3006
 

チャレキッズ念校オモテ面0427軽
チャレキッズ念校裏面0427

スクリーンショット 2016-06-09 11.33.58 スクリーンショット 2016-06-09 11.34.31

2016-06-09 | Posted in blog, スタッフブログNo Comments » 

 

【 夢ふくおかネットワーク総会に参加してきました! 】

夢ふくおかネットワーク
(福岡市特別支援学校就労促進ネットワーク)

総会に参加してきました♪

夢ふくおかネットワークはチャレキッズプロジェクトを一緒に推し進める、福岡市発達教育センターの内部組織です。

特別支援学校高等部生徒の就労率の向上を図り、企業、事務所、保護者、関係機関、教員に対し、障がい者の雇用に関する理解を広げることを目的としています。

この目的を達成するために取り組んでいる事業が

⑴ 生徒、保護者の就職意欲を膨らませる事業

⑵ 生徒の「働く力」を高める事業

⑶ 現場実習、就職先企業を拡げる事業

です。

 

よく見てみると、チャレキッズと似ている。。。。

そう!
チャレキッズは夢ふくおかネットワークで取り組んでいる内容を、幼い子供たちから実施しようとしている取り組み。

目的は同じなんです!!

 

ということで、この夢ふくおかネットワークの総会でもチャレキッズの取り組みをご紹介、ご報告させていただきました!

IMG_3370

 

IMG_3374

昨年度は試行錯誤しながら、色んなアプローチを試み、気づきを蓄える機会となりました。

その気づきをまとめたフリーペーパーも発行、本日もご来場の皆様にお配りいたしました。

スクリーンショット 2016-06-06 17.33.40スクリーンショット 2016-06-06 17.34.08

拡大して見たい方はこちら

⬇️⬇️⬇️⬇️

 

チャレキッズ入稿オモテ0428

チャレキッズ念校裏面0427
一年間の活動をまとめたフリーペーパーはとても見やすく、我々の取り組みが一目で分かります。
このフリーペーパーもご覧頂きながら、昨年度の取り組みの振り返り、そして、今年度の取り組みをご説明いたしました。

 

すでに始まっている取り組みとしては、小学部、中学部の特別支援学校、特別支援学級の生徒、保護者の皆さんへ向けてのアンケート

「大人になってやりたい仕事、なりたい職業大募集!」

を配布、回収いたしました。

 

スクリーンショット 2016-06-06 17.33.24

 

まだ大まかな結果しか戻ってきていませんが、385名の生徒からの回答があり、このアンケートに付随している「あなたもお仕事体験してみたいですか?」にはおよそ7割くらいの生徒が「やりたい!」と回答してくれたそうです。

 

そんな彼らとのお仕事体験、そしてワークショップのコーディネート。

それらの経験を経てどんな気づきが本人や周りの大人たち、企業、保護者、そして我々にあるのか、今からワクワクしてきますね!

かなり過激な発言も飛び出した講演会。

勉強になりました!

 

総会のメインは「講演」です。

今年は、四国にあるエフピコグループ特例子会社 株式会社ダックス佐賀の 代表取締役 且田 久雄 さんでした。

スクリーンショット 2016-06-06 17.09.40

 

「かなり過激」

と書かせていただきましたが、むしろ我々が知らず知らずに起こしている誤解や差別や社会への悪影響などを且田さんの視点で語ってくださいました。

目からウロコなお話も多く、障がい者は誰が作っているのか?というところにもお話が及びました。

いつも当たり前だと思っている思考から一度解き放ってくれる、そんな知見をお持ちの方のお話は本当にありがたいです。

 

いつかこのチャレキッズのページでもインタビューなどがご紹介できるといいですね♪

 

ということで、今日はここまで!

アンケート結果の集計が出たらまたお知らせしますね〜♪

 

 

 

 

2016-06-06 | Posted in blog, スタッフブログNo Comments » 

 

【 動画】 夢を拓く未来のロードマップを創ろう! ワークショップ

 

【 チャレキッズワークショップ ”夢を拓くロードマップを創ろう! ”リポート 】

チャレキッズ事業でお送りする、本年度最後のイベントがこちら、チャレキッズワークショップ ”夢を拓くロードマップを創ろう! ”でした!

3人の障がい児童生徒(小学生1名、中学生2名)に参加してもらい、彼らの夢をみんなで描くワークショップです。
保護者、担任、放課後デイサービスの担当者などの普段から関わりをもたれている方と、今回初めて当事者に会う方々(学生、企業人、経営者、教員、その他)で紡ぎ出す、「希望に満ちたもう一つの未来計画づくり」です。

3
2

【 ワークショップの手法 】
今回行うワークショップには、参考とする手法がありました。
それが「PATH Planning Alternative Tomorrows with Hope」(希望に満ちたもう一つの未来の計画)という
手法です。
PATH では、障がいのある人本人と、関係のある多くの人が一堂に会して、障がいのある人の夢や希望に基づ
きゴールを設定し、そのゴール達成のための作戦を立てていきます。
子どもの指導に関わる人が集まって情報を集め,新たな発想で目標や手だてを考える方法であり、情報の共有だけでなくアクションプラン(行動計画)を考えるということや、関係者がそれぞれの力を発揮するることを目指すといった特徴を持っています。

今回は関係者だけでなく、広く一般の方々にも参加して頂き、「夢を描く体験」を共有したいと考えています。

※行った手順は以下の通り。
【 はじめに(グループの仲間を知ろう! )】

【 第1ステップ 幸せの一番星 】
(当人や保護者の、夢や希望について話し合う)

【 第2ステップ ゴールを設定する 】
(幸せの一番星を掴む為に、20歳の時にどうなっていたいかを想像する)

【 休憩 】


【 中間発表 】

【 第3ステップ いまに根ざすこと(現在の状況) 】
(ゴールに対して今はどんな状況なのかを把握する。できていること、できてないことなど)

【 第4ステップ 必要な力 】
(ゴールを目指す上でどんな「力」が必要か)

【 第5ステップ 夢をかなえるために誰を必要とするのか 】
(必要な力をつけるために必要な人や物)

【 第6ステップ 近い将来の行動をイメージし、語り、図や絵にする 】
(およそ1年後、対象児童・生徒がどのようにあるべきなのか、姿をイメージする)

【 第7ステップ はじめの一歩を踏み出す 】
(支援者が夢を叶える為に今日から出来る事を書き出し、一ヶ月後の目標を設定する)

【 発表会 】

【 ワークショップの目的 】

○ 当事者と関係者
当事者と普段接している関係者が新たな気付きを得る。
当事者とその関係者が当事者の未来について希望を膨らませ、行動に移す一歩を後押しする。

○ 初めて当事者と会う WS 参加者
初めて知る当事者の未来に、自分の知識やスキルがどのように活かせるか、当事者の未来を「ジブンゴト」と
してとらえ、発案して行く。そうする事で、障がい者の未来に希望を描けることを知る、と同時に障がい者の
明るい未来のスピーカーとなる、サポーターとなる。
そんな機会と経験を得る。

【 ワークショップ リポート 】

1班:対象児童 大串 たかよし くん
「将来の夢: 野球選手」

511

14

P1330947

P1330946

2班 日高 あゆむくん 将来の夢:マミーズの店員さん

18

19
13
7

8

P1330953

P1330952

P1330951

P1330942

P1330941

3班 船越 勇樹 くん 将来の夢:会社員

6

9

1015P1330949

P1330948

P1330950

初めてチャレキッズで行われた「PATH」の手法を取り入れたワークショップでしたが、企画した側も参加した側も多くの気付きを貰えた取り組みになりました。

特に、保護者の思い、教職員の皆さんの立場、そして、「夢」にたいする捉え方、「現状を壊す事」の難しさなど、
参加された方、一人一人に感想や気付きがあったようで、その感想をシェアする事も今後の活動やお互いの意識の溝を埋める為にも必要と思いました。

参加者のアンケートや各班のリポートなど、詳しくはまた後日まとめてアップできればと思います。

チャレキッズのワークショップに参加してくださった皆さん、場所を提供してくださった発達教育センターさん、力を課してくださった九州大学芸術工学府のみなさん、本当にありがとうございました!

IMG_20160221_174429IMG_20160221_174218IMG_20160221_173314IMG_20160221_133013

IMG_20160221_133026

IMG_20160221_132931

1IMG_20160221_173238IMG_20160221_173807

2016-02-24 | Posted in blog, WORK SHOP, スタッフブログNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7