福岡発!障がいのある子ども達の夢を叶えるプロジェクト

チャレキッズのお仕事体験リポート2017 鶴田畳店 2017年8月5日

かなりハイレベルな体験になりました!

今回のお仕事体験は、福岡市東区松島にある、鶴田畳店さん。
昨年のお仕事体験に続いて、今年度もお仕事体験を受け入れてくださいました。

DSC_4290
今回お仕事体験に挑戦するのは、たかやくん(12)とそうたくん(14)のお二人。
たかやくんには発達の遅れ、そうたくんには知的な遅れがあります。
二人とも手先が器用だということで、ものづくりに関心があるそうです。
早速ご挨拶!

DSC_4294

まずは畳作りの工程を見学します。

DSC_4301笠さんからの說明。
畳に触れる機会も少なくなっていますからね。
その作りや仕組みを知るところからスタートです。

DSC_4313

 

実際の採寸方法などを教わります。
もちろん、「cm」ではなく「寸」で測っていきますよ♪

 

DSC_4325

 

2尺、5,6,7寸、5分と・・・・

DSC_4329
ハサミで繊維のラインに沿って裁断します。
DSC_4335

 

続いて、専用の畳包丁を使って切れ目を入れます。

DSC_4341

 

みんな真剣です!

DSC_4342

畳専用のミシン。

つくりは家庭用のミシンとほぼ同じなんだそうです。

DSC_4350

 

こういうところに個々の性格が出ますね。
そうたくんはとても丁寧で、キレイに同じ高さに針を打っていきます。

その手つきはまさに職人!

みんな驚いてました。DSC_4355

 

今回の一番の難関だった、包丁を使っての裁断。

これが難しい!
力の入れ具合や角度、捌き方などにコツが必要です。

DSC_4356

DSC_4358
それでもめげずにやり遂げました!
最後のカットはくるっと円を描くように切り取ります。
この難しい作業も、すぐに覚えてやってのけていました。
サスガ!

DSC_4363

つづいてはたかやくん。

まずは寸法取りから。

DSC_4366

 

難しい作業ながら、集中して楽しんでいる様子が伝わります。

DSC_4374

たかやくんは思い切りが良く。サクサクとまち針を打っていきます。

DSC_4384

左右両方の手で裁断ができるたかやくん。

思い切りの良さと、臨機応変に作業に対応しようとしていました。

DSC_4393

写真上は左手で。

写真下は右手での裁断。

向きが変えられると、細かな部分へのアプローチもし易いのかもしれませんネ。

手先が器用な方には両利きが多いとも聞きます。

DSC_4401

DSC_4402

 

さ!祭壇が終わったら、今度は縁(へり)をつけていく工程です。
お好みの縁を選んで準備します。

DSC_4408

二人共伝統的な柄を選びました。
センスも渋い。。。

DSC_4427

縁に方をつけて、塗っていきます。
この手つきや捌き方にポイントがあるんですね。

DSC_4425

熱い工場での作業。
汗が吹き出してきます。

DSC_4416

それでも集中力を切らさず、作業に集中しました!

DSC_4415 DSC_4416

完成しました!
自らの力で作った畳です!

DSC_4435

DSC_4438

 

最後に代表の笠大祐さんから一言。

畳職人ではないとしても、今日の体験が今後の進路選択などに繋がることを期待します!
というお言葉を頂戴しました。
DSC_4449

体験したこと、それ自体がすべての学びのキッカケですよね。

沢山の体験をして、自ら選択出来るよう頑張っていきましょう!
DSC_4455
ありがとうございました!

最後はみんなでパシャリ。
笑顔😊が光ってますね〜♪
鶴田畳店様、ありがとうございました!
DSC_4465

店舗名:鶴田畳店
住所:福岡県福岡市東区松島1-4-26
営業時間: AM.8:00〜PM.6:00 定休日 / 日曜日
電話番号:092-622-0558

2017-08-06 | Posted in blog, スタッフブログ, 仕事体験記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment